金融緩和の進展|投資初心者から評判の良いみんなで大家さん|少額出資できる

投資初心者から評判の良いみんなで大家さん|少額出資できる

住宅模型

金融緩和の進展

集合住宅

低金利時代の到来

世界的に経済活動が停滞しているため経済の活発化を目的として世界的な金融緩和が実施されています。低金利が定着しており預貯金に置いておいてもほとんど利息がつきません。マンション投資は物件の購入を間違えなければ一定の安定した利回りを獲得できる投資商品となっています。マンション投資においては入居者の確保が重要ですので、物件の立地条件が重要になっています。マンション投資対象の多くはワンルームマンションとなっていますので、単身者向けの交通利便性が重要になっています。鉄道の駅に徒歩圏で行けるのが重要となっており、最近は10分以内が需給の目安となっておりますので、この点がマンション投資を行う場合には大きな判断材料となります。

ローンを活用する

マンション投資を行う場合には調達する資金についても考慮する必要があります。手持ち資金がある場合でも金融機関からの借り入れで資金を調達すると税制面で有利に働くケースがあります。特に事業規模でマンション投資を行う場合には諸経費や家族を従業員として給与を計上することが可能となりますので節税効果が期待されます。マンションは経年劣化が見込まれますが、交通の便利な場所は資産価値の下落が少ない点も投資対象として魅力になっています。資産価値の保持は通常の管理が重要になっていますので、信頼できる管理会社が物件の管理をしているものを選択することが重要です。管理戸数の多い業者は管理人の教育等も行き届いており、それだけ信頼できるケースとなっています。